Month: 8月 2015

セックステクニックやED治療について

男性ならばセックスのテクニックについて気にしている人も多いでしょう。

女性を喜ばせてこそ男性としての喜びや自身が実感できますから、セックスを上手くリードしたり女性の喜ぶようにテクニックを磨こうとする努力はやはりしておきたいと思うでしょう。

しかし、セックステクニックにこれといった王道を決めるのは難しいでしょう。

女性がセックスで好きなポイントも千差万別ですし、それは一人一人の女性と付き合っていくうちに慣れや経験から自分で試行錯誤していかなければならない面もあるんです。

スポーツのテクニックのようにある程度どんな場面でも使えるようなテクニックは存在していませんし、万人にのみこめるメソッドとして確立できているわけでもないので、セックステクニックを磨くのは孤独な修行のようなものです。

あまりテクニックに力を入れ過ぎて自分が楽しめなくなっても意味はないので、インターネットやアダルト雑誌、書籍で紹介されているテクニックはあくまで参考程度に頭の片隅に置いておくくらいでいいでしょう。

それよりも女性はセックスにおける気持ちの方を重視しますので、男性の頑張る気持ちがテクニックに傾きすぎると空回りする可能性も大きいです。
テクニックに走るよりも行為の間に自分の愛情名好きだという気持ちを、言葉も使って素直に表現したほうが女性も喜ぶのではないでしょうか。
セックスの雰囲気を盛り上げるテクニックやセンスは、王道というものがない以上は二人で共同で作り上げていくものだと思います。

男性は頑張ろうとして一方通行の愛情表現になってしまわないように、女性の気持ちも確認しながらセックスをお互いに楽しめる流れにしていきたいですね。

いつもお互いのセックスを高めていく仲を保っていければ、勃起不全になった時でも焦らずに対処して二人で前向きに治療に向かっていけるでしょう。

ストレスに負けないように素直に楽しむ

勃起不全になってしまうのは自分に問題があるのだと、精神的な意味でも大きなダメージを与えることがあります。
普段からストレスを抱え込みやすい男性ほど、勃起不全を発書しやすいばかりではなく、余計な心配事や責める気持ちをこじらせることによって症状をさらに悪化させてしまうのです。

これは単にフィジカルな問題ではなく、ED治療薬や生活習慣の改善によって健康な肉体を取り戻す以外にも、精神的な健康を取り返すために気持ちの持ち方を変える本人の努力と心がけも必要とされています。

気持ちの面までは意識が向かなくても、ED治療薬の処方など具体的な改善策を実行している間に、プラシーボ効果によっていつの間にか気持ちの方も楽になっている場合もあるでしょう。

その時は今後も再発の可能性は免れないものの、一時だけでもいい気分になれるのはいいことですね。

日々仕事や家庭、人間関係から受けるストレス以外にも、本番行為の時のプレッシャーも勃起不全に大きく関係していると考えられます。

相手が大事な人であればあるほど、好きな気持ちが強いほどそのプレッシャーは大きくなる傾向があります。特定の相手ではなくても女性全般に対して恐怖心や引け目を感じている、気持ちの弱い気質を持っている人も勃起不全になりやすいと思われます。

こういった心因性の問題は勃起不全の治療薬を処方したからと言って解決するわけではありませんし、発症するまでに至った経緯や亜自分の精神を分析してみなければ詳しい理由は決してわからないでしょう。

原因が判明しない以上はストレス性の病気とこれからも付き合っていかないとさらに不安を招きますが、勃起不全の場合はまず目の前のセックスを楽しむことに集中してみれば、少しは素直な気持ちになってその時だけでもストレスから解放されるのではないでしょうか。ED治療薬を緊張を和らげる手段としても活用しましょう。